リモートワークと職場での仕事、両方を経験した今どちらがいいかを考える

どうもです。

ギリギリです。

先月から職場で仕事するようになりました。

会社が職場での作業を許可するようになりました。

今後NSWが規定を変えてリモートワークが強く推奨されない限りは、職場で仕事することになります。

家からのリモートワークと職場での仕事両方を経験したいま、どちらがいいか、どちらが自分にあっているかを話します。

 

リモートワーク vs 職場での仕事

昨年の3月頃から今年の1月の途中まで毎日家で仕事をしていました。

本格的に家で仕事するのはこれがはじめてだったんですが、なかなか良かったです。

静かだし好きなときに休憩取ったり働いたりできるし、自宅なのでリラックスして仕事ができたり。

でも、リモートワークだからやりづらい点もいくつかありました。

一方、職場での仕事でもやりづらい点はあります。

同僚が話しかけてきたり(世間話)、同僚同士がオレのすぐ横で話をしていてうるさいとか。

リモートワークを経験して、良い点悪い点両方が両方の働き方で見えました。

 

どっちがいいか

さて、どちらか選べと言われたら、職場で仕事をすることを選びます

理由は、

  • 職場にいるほうがモチベーションが保ちやすい
  • 職場にいるほうが集中できることが多い
  • 同僚とのコミュニケーションが取りやすい
  • コミュニケーションが取りやすいので仕事が早く進められる

といったところです。

リモートワークをし始めた当初は家で仕事したほうがいいかもと思ってましたが、時間が経つにつれて徐々に考えが変わりました。

 

職場にいるほうがモチベーションが保ちやすい

やはり職場という仕事をするための場所にいるのは、それだけで仕事に対する姿勢が作りやすい。

集中力が弱くあまり長く続かないオレには、環境づくりはものすごく大事。

仕事に取り組みやすい環境を作るのは生産性に大きく関わるので、いるだけで仕事へのモチベーションが保ちやすい職場は自宅よりもいいです。

 

職場にいるほうが集中できることが多い

上記の続きのようなものです。

家には仕事への集中を邪魔するものがあります。

ベッド、テレビ、冷蔵庫(食い物飲み物)など。

稀にハウスメイトや隣人がうるさかったりします。芝刈り始めたりして。

職場にはそういうものが少ないので、集中が途切れることが少ないと感じます。

とはいえ、同僚が話しかけてきたりすることはあるので、邪魔するもの(人)が全くないわけじゃないです。

でも、仕事中の世間話って意外と悪くないんやよね。

たとえ仕事の話をしてなくても、話をすることで意外と頭が整理されたり気分がはれてその後の作業がはかどったりするので、全くの邪魔ってわけでもないかなと。

プログラミングしたことある人なら多分結構経験あると思う、こういうの。

話しとるうちに今まで気づかんかったアイデアが出てきたり、忘れていたことを思い出したり。

 

同僚とのコミュニケーションが取りやすい

同じ職場にいるとすぐ近くに座っているので話しかけやすいし、何かを説明する際には絵を書いたり画面を見せたりが簡単にできるし、更に誰かを会話に入れたい時もその人の席に行って呼べばいい。

リモートワークだと画面のシェアはできても、何かを図解したい場合はそれが面倒。

ノートに書いてカメラに向けるか、ホワイトボードにカメラ向けて図解することになると思う。

バグやそれらしきものを説明するときとかは、自席に呼んで説明する方がらくです。

 

コミュニケーションが取りやすいので仕事が早く進められる

リモートワークの場合当然オンラインの会話になるわけで、毎回その人に電話しないといけない。

電話をかける相手が忙しいと電話を取ってくれなかったり、チャットで話しかけてもメッセージを見てなかったり見落としたりするので、スピード感が失われることがよくあります。

その点、職場でみんな揃っていれば必要な人を会話にすぐに呼べるし、その会話で決めたアクションを実施後またみんなで集まって・・・という時も電話の必要がない。

相手が忙しい場合、直接話しかけられればざっくりいつ頃なら話せそうかとかその場で話してじゃあそのときに、となるけど、メッセージ見てなかったり電話にでないとそれすら話せない。

まあ電話に出ないなら出ないで別の作業したりすればいいので仕事が完全に止まるわけじゃないけど、やっぱりやりづらいと感じます。

職場でみんな揃っている方がやり取りしやすいです。

 

リモートワークの方がいい時もある

リモートワークもいいところはあります。

それは、一人で黙々と作業をしやすいこと。

リモートワークだと家で一人なので、職場より静か。

その気になれば、他の人からのメッセージを無視して自分のやりたい作業にしっかり集中できます。

一時期複雑なロジックを組む作業をしていたんですが、その時は家で一人ホワイトボードにいろいろ書きつつ、一人ブレインストーミングしつつひたすらコードを書いていました。

あの時はかなりやりやすかったです。

雑音を遮断して、ひとり黙々と作業に集中したい時はリモートワークの方がうまくいくことがよくあります。

ただ、ベッドやテレビなどの誘惑はあるので、それらに負けないようにしないとですね。

 

これ以外には、通勤がなくなるのでその分疲れにくいってのが挙げられます。

電車通勤で時間かかる人なんかは、通勤時間がごっそりなくなるのはかなり嬉しいんじゃないでしょうか。

オレは車通勤で片道10分くらいで着くので、ガソリン代が浮く以外のメリットはなし。

 

まとめ:職場で仕事したほうがよさげ

リモートワークと職場での仕事、両方を経験して、オレには職場での仕事の方があってます。

自分にとっては仕事をするという環境に身を置くことが大事なので、それが可能な職場の方が仕事がしやすいと感じます。

人と話すのもオンラインよりずっと楽やしね。

一方で、家で仕事したほうが集中できるって人もいるので、この辺は個人の好みでいくらでも変わりそうです。

ソフトウェア開発の仕事はネットとパソコンさえあれば仕事ができるので、リモートワークか否かが仕事のしやすさに影響することが少ない職業だと思います。

なので、人によっては仕事以外の理由(通勤がないなど)が決め手になるかもしれませんね。

 

では!

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。