【IELTS6.5までの軌跡】リーディング力を付けるためにしたこと その1

 

 

リーディング力を付けるためにしたこと、

それは中学1年生の英語の復習からでした。

 

 

 

以前の記事「be動詞もわからなかった男が大学院入学レベルの英語力を得るためにしたこと」 でも書いた通り、オーストラリアに来た当初はBe動詞すらあやふやな状態でした。

(am, areっていうのになんで”Be”動詞っていうんだろう?、三単現のsってなんだっけ?って状態)

 

 

曖昧な記憶と知識のままオーストラリアに来て、あやふやな知識のままわかったような気になって日々の授業をこなす・・・

 

 

 

 

これじゃ何の意味もない。

 

 

 

 

どうしたらいいんだろう。

 

 

 

 

そんな状況から抜け出すためにしたこと。

 

 

 

 

 

それは

 

 

 

 

 

 

徹底的に基礎を叩き込む

 

 

 

 

 

 

1から全てやり直そうと決めました。

 

 

中学1年の英語からやり直せば、きっちり学び直せるだろうと。

 

 

 

IELTS5や6を目指す人間が、基礎的なことをあやふやにしたまま先に進んだところでいつか必ずつまづく時がくる。

 

 

 

そう考えたからです。

 

 

 

 

Googleで中学英語、復習などのキーワードで検索、サイトを見つけて復習をしました。

使ったサイトは主にこちら。

http://www11.plala.or.jp/kaisyu/junior1/index.html

http://english.005net.com/youten.php

http://gakunentop.client.jp/merumaga.html

 

 

読み物としてはこんなのが面白くてチラ見。

http://echoes03.blog48.fc2.com/

http://english.005net.com/juken.php

 

 

 

最初はこういう基本のキの字を教えるサイトの内容ですら、理解に時間がかかっていました。

 

文法を覚える上で必要な基本知識である基本五文型、そしてもっと根本的な品詞がきちんとわかっていなかったから。

 

 

だから、まず品詞とは何か?Sって?Vって?Cって?Oって?というところから始めました。

 

 

このサイトも結構使ったな~(今だに使ってる)。

http://www.eibunpou.net/01/chapter3/3_1.html

http://e-grammar.info/pattern/pattern_31.html

 

 

 

次回は、基礎を勉強している間、具体的にどんな点に注目しながら、どんなことをしたのかについてもう少し詳しく触れていきます。

 

 

この記事が気に入ったらシェア!
Share on Facebook2Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Tumblr0Pin on Pinterest0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。