リスニング力アップは一人漫才で!

どうもです。ギリギリです。

 

普段は週末しかシフトが入っていない今のオレ。

でも昨日今日は珍しく仕事でした。

 

しかしまったく客足が伸びず、営業日あと2日を残して早々に撤収。

ま、それでも両日とも5~6時間くらい働いたし、めちゃくちゃ楽だったからよし。

うちの店のかわいいコたちトップ2とも働けたし(笑)

食べ物もただでめっちゃくちゃもらったし(鶏肉と牛肉合わせて5キロ以上!)。

食費が浮くからほんとに助かるわ~

 

 

[hr]

 

さて今日は、前回の投稿、トークショーでリスニング強化!に似た内容の投稿。

 

前回の投稿でJohn Oliverを紹介したんだけど、今回はスタンドアップコメディアンのBill burr (ビル・バー)を紹介します。

 

 

スタンドアップコメディアンとは、スタンドアップコメディーをする人のこと。

日本で聞くことはまずないであろうこのスタンドアップコメディーという言葉、こちらではとても一般的です。

スタンドアップコメディーとは、要は一人コント、一人漫才のようなスタイルのお笑い。

“べしゃり”で笑かしたるわい!という人がステージに立って客を沸かせます。

 

ビルバーもそのうちの一人で、この人がまた面白いんだこれが。

ビルバーは随分前から活動しているようで、YouTubeにはたくさんの動画がアップされています。

今日はその中で分かりやすいものの一つを紹介。

 

 

“Fuck that I’m not going!”

“You wanna go to branch on Sunday? Fucking NO!!”

 

クソうけるwww

 

 

この人、べしゃりで笑わせてるだけあって早いテンポでガンガンしゃべる!

だから英語初心者には正直いって聞き取るのがつらいです。

 

 

でもトライする価値は十分あり。

 

 

最初はわからなくても、何度も何度も観ているとふとした時に理解できる瞬間があるからです。

それに、字幕使えば大体の内容はつかめると思う。

 

以前の投稿、スピーキングがうまくなる!お役立ち海外ドラマの紹介! でも触れたように、何度も繰り返して観たり聞いたりすることは、英語力の向上にすっごく有効。

 

今はわからなくても続けてみてください。

 

理解できるようになった時、このスタンドアップコメディアンが話す内容と理解できるようになった喜び、二重の笑いがあなたを襲うこと間違いなし!

 

 

[hr]

 

大量の鶏肉と牛肉、刻んだネギ。

チャーハンでも作って食おう。うん。

 

この記事が気に入ったらシェア!
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Tumblr0Pin on Pinterest0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。