IELTS7.0とったー

どうもです。

ギリギリです。

 

 

2週間前にIELTSを受けました。

 

 

3年半以上まえに、大学に入学するために受けて以来。

 

 

今回はジェネラルモジュールを受けました。初めてのジェネラル。

 

IELTSアカデミックモジュールは主に学生ビザを得るために使われるもので、

ジェネラルモジュールは学生ビザ以外のビザを得るのに使われます。

 

昨日オンラインで結果が発表されたので見てみると、

 

 

 

Overall 7.0!

 

 

 

でもリーディングとライティングは7以下。。。

 

今回の目標は全セクションで7.0以上取ることが条件だったので、目標達成ならず。。。

 

 

詳細は、

Listening: 7.5

Reading: 6.5

Writing: 6.0

Speaking: 7.0

 

 

ライティング6.0って・・・

 

いくらなんでも悪すぎる。

前回受けたときも6.0だったから、3年半たって1つの進歩もないってことに。

ぐうううう

 

 

 

タスク1のお題は忘れちゃった。

タスク2を先に始めて、18分くらいしか残ってなくて、めっちゃ急いで書いた。

150ワード書いたか自信なかったけどフィードバックに何も書いてなかったで多分書いたんやろうな。

内容は自分でもひどいなーと思ったけど、タスク2でカバーされるんじゃないかという甘い期待があった。

 

タスク2のお題はたしか、新聞とテレビとオンラインメディアで、どれが一番だと思うか書けみたいな感じやったと思う

タスク2は比較的書きやすいお題で助かるわーとか思っとったけど、

結果は全然あかんかったな・・・

ミススペルがいくつかあったってのもちょっとショック。

 

正直今回はライティング7いったんじゃないかと思っとったで、6.5すらとれてないのはショック。

 

 

IELTSは文章に一貫性があるかが重要な採点基準の1つで、オレはどうもそこが伸び悩んでるっぽい。

フィードバックによると、文章が最初から最後まで論理的で一貫性があるか、

あとはスペルミスとか複雑な文法が使われているかとかが弱いっぽい。

語彙力も7をとるにはまだちょっと足りてないんじゃないかなーきっと。

 

 

 

残念。

 

 

でも一応いいニュースもある。

 

リスニングは前回6.5だったから、1も伸びた。

スピーキングとリーディングは前回から0.5アップ。

 

モジュールが違うでリーディングは素直に比較はできんかもしれんけど、少なくとも悪いニュースではないね。

 

 

 

さて、これからもIELTSを受け続けるか、PTEだけに絞るか。

3ヶ月以内にPTEかIELTSどちらかで目標点をとるってのが条件で、

数ヶ月以内にライティングが1も伸びるとは思えんし、

前回のPTEの結果を鑑みると、PTEに絞ったほうがいい気がする。

 

ちなみに前回のPTEのライティングは目標スコア十分超えてたから、次も問題ないと思う。

次のPTEの結果を見てIELTSをまた受けるか考えようかな。

 

 

みんながそうであるように、やはりオレもライティングで苦しむのか・・・

 

避けては通れない道やなこれは。

 

 

 

がんばろう

 

 

この記事が気に入ったらシェア!
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Tumblr0Pin on Pinterest0

3件のコメント


  1. PTE受けて、英語のスコア確保する人が増えているそうですね。
    IELTSスピーキングとライティングは、純粋な英語力以外に、論理的思考や短時間でのひらめき力?などがないと求められると思います。
    妻も年内にIELTS取れなければ、PTEに移行する予定です

    返信
    1. ギリギリ

      かなりの人が、IELTSからPTEへ移行しています。
      理由は、PTEの方が点が取れるから。
      オレの友達も、IELTSではライティングで7を一度も取ったことない人がPTEではIELTS7相当の点をあっさりとりました。

      IELTSのライティングは、ジェネラルモジュールでもTask2ではアカデミックな書き方でないと点が伸びませんね。
      日本人は文章の書き方を学校で習わないので、論理的な文章をしかも英語で書くのはかなり難しいと思います。
      しかもいろんな分野から問題が出るので、英語日本語関係なく話題に対して自分の意見が持てるかも重要な点ですね。

      一方PTEはIELTSとは違う難しさがあります。
      やってみるとわかりますが、スピーキングは英語力というよりは記憶力とテクニックがあるかどうかが問題になってきます。
      ライティングはIELTSより簡単だと思いますが、リーディングはIELTSジェネラルよりも難しいと思います。
      リーディングが得意でライティングが苦手な人は、PTEの方がラクに点が取れると思います。

      IELTSは、ほとんどの人にとって9点満点中8を取ることすら困難ですが、
      PTE受験者で79(IELTS8相当)や満点(90)を取る人が続出しています。

      年内と言わず、いますぐにでもPTEを受けてみることをおすすめします。
      そのあと、どちらが自分に向いてるか決めても遅くないと思います。
      正しいテクニックを身に着けてから受けてみてください。
      E2 Languageという会社がPTE(IELTS)のテクニックを詳細に解説しています。
      E2のウェブサイト上では、有料で手に入る資料やビデオがあって、すべてのテストの種類に対してすごく細かく解説しています。
      有料ですけどそれ以上の価値があるはずです。
      You TubeでもPTEのテスト対策ビデオがいっぱいあるので、試しにやってみてください。
      Describe imageとかRe-tell lectureとか難しいですよ笑

      ちなみにPTEは1度試験を予約したら、その試験が終了して結果がでるまで次の試験が予約できません。
      さらに、一番最後に受けたテストから1ヶ月間は次の試験が受けられません。
      試験地もIELTSと違ってすごく限られているので、数カ月先まで予約で一杯で予約できないのはざらです。
      来年受ける予定ならいまから予約しておいたほうが無難です。

      返信

  2. ご返信ありがとうございます。
    永住権の申請をサポートしているエージェントにも、PTEを進められました。

    妻の最新のスコアですが、
    ライティング 6.5
    リスニング 8
    スピーキング 7.5 (いつもは6.5前後)
    リーディング 7.5

    でしたので、数週間かかりますが、ライティングの再採点をする準備をしています。
    すでにIELTSの試験予約を行なってますので、その結果も待ちたいと思います。

    全ての結果が7以上であれば、永住権の申請をすることになると思いますし、
    その場合でもPTE79を目指して、勉強するそうです。

    キャンベラでは、PTEの人気があまりなく、試験の空きが結構あるみたいです。
    また州スポンサーを得やすいので、シドニーから多くの人が流れてきています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。