新しい仕事が決まったー

どうもです。ギリギリです。

 

随分久しぶりの投稿です。

すいません更新してなくて(´・ω・`)

 

 

今日は(も)近況報告です。

 

いま、QUTというブリスベンにある大学で働いているんですが、

4月末で契約が切れそうな雰囲気があったので、2月初め頃から仕事を探していました。

 

そしてつい最近仕事がきまったー!

 

今回は一般企業へ、正社員として採用されました。

 

 

正直、仕事が決まって嬉しいというより、まさかあんな内容の面接で仕事がきまるとは!

というおどろきの方が強いです。

 

未だに信じられない感がある笑

 

採用のプロセスがどんなんだったかは、また別の投稿で。

 

 

ポジションは、Software Developer。

Junior Software Developerで応募したんだけど、どうもその1つ上のレベルで雇われたっぽい。

契約書にJuniorの文字がない。

 

Juniorが良かったんやけどな。責任少なそうやし笑

 

 

Front end Developerという、ブラウザで表示される部分の開発やテスト(もしかしたら設計も)を担当する予定です。

テスト、特にUnit testに関しては知識がないから、今のうちからしっかり予習して望まないと。

 

 

 

 

 

・・・と、ここまではいいニュース。

 

 

ここからは悪いニュース。

 

 

それは、

 

 

ブリスベンを出ることになりました。

 

 

新しい職場はニューキャッスル!

 

 

シドニーから北へ約200km、ブリスベンからは南へ800~900kmくらい。

 

だからそんなに遠くはないけど、くるまでちょっとブリスベンへ、ってのは不可能な距離に行くことになってしまいました。

 

調べた限り田舎で、何もないところです笑

 

4年近く住んだブリスベンは、もはやオレにとって地元というべき街。

そこを出ていくのはやっぱり寂しいです。

 

更に、誰も知らない、何もわからない土地で、全く新しい環境に飛び込んで働くというのは

かなりのストレスになりそう。

 

 

まあでも行くしかないよね。

 

いや、絶対行くよね。働けるんやし!

 

正社員での採用やし、給料もすごいいいし。

 

それになにより、雇ってもらえただけ運がいいと思わないと。

 

 

いま日曜に通っている学校では、クラスメートが20人くらいいて、

大学で学んだ分野と同じ分野の仕事についてる人は、オレも含めてたった二人。

 

さらに、その二人のうち正社員で雇われている人はゼロ。

 

今回仕事がきまったオレが初めてっぽい。

 

オーストラリアの就職状況を考えれば、正社員で雇ってもらえるってだけでほんとにありがたいことです。

 

試用期間が6ヶ月と長めなので、その間にクビにならないようにがんばらんと笑

 

 

 

仕事の開始は5月8日。

 

4月30日にはブリスベンを出て、途中コフスハーバーとか2~3箇所ほど立ち寄ってのんびりして、

それからニューキャッスル入り。

 

数日過ごして落ち着いてから、初日を迎える予定です。

 

 

 

どこまでやれるかわからんけど、

 

結局行き着くところはただ一つ。

 

できることを全力で。

 

それ以外ない!

 

 

ということで、近況報告でした!

 

ニューキャッスルに移ったら、街の様子でも写真撮ってアップしよう。

 

 

では!

この記事が気に入ったらシェア!
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Tumblr0Pin on Pinterest0

3件のコメント


  1. 正社員の採用おめでとうございます。オーストラリアの就職は新卒より経験のある中途の方が遥かに有利ですので、一つ目の仕事ゲットは今後の為に非常に大事なステップだと思います。私もSoftware Developerとして小さい地元の工場で働いています。会社は新たにプログラマを探していますが、丁度良い人が見つからず困っているらしいです。会社はIT産業でもないし、小さいので中々苦戦しているようです。私の知り合いのツテも辿ってみましたが、その知り合いの友人達はほとんど別の都市に住んでいて移動する気はないといようで。。。ITの分野で仕事が見つからない求職者と、採用したくても良い人が見つからない会社、なんか矛盾を感じるのは私だけでしょうか?

    返信
    1. ギリギリ

      Toppoさん
      ありがとうございます。まさか面接が通ると思っていなかったので、本当にびっくりしました。

      そうですね。少しでもオーストラリア国内での職歴ができれば、あとが楽になりますね。
      こちらだと、仕事を取るのに職歴が必要なことがほとんどで、でも職歴を得るためには仕事が必要で・・・という循環だから、職歴のない新卒にはかなり不利な状況ですね。
      オレは幸いいま契約だけど仕事があって、日本での職歴もあるので、まったく職歴なしの新卒よりも若干有利だと思います。
      まあそれでも厳しいのには代わりありませんが。

      知っていると思いますが、大多数の求人は表に出てこない、いわゆるHidden job marketに埋もれていますよね。
      Toppoさんのいうその会社の求人も埋もれているのかなと思いました。
      おそらく求人を大々的にネットで載せて、人を雇えるほどのマンパワーも資金もなかなか出せないから、どこかにその仕事が欲しい人がいるはずだけど、そこまで情報がまわらない、まわせない状態なのかなと思いました。
      みんなネットで探しますからね。ネット上以外の情報にアクセスするにはやはりネットワーク(コネ)以外なさそうです。
      更にはロケーションの問題もあるので、都市でないと技術者は余計見つからなくなりそうな気がします。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。