こんな仕事アリ??たった2セントの仕事とは?

どうもです。ギリギリです。

 

今日は雨のため仕事が休み。まったりしてます。

 

さて、オーストラリアにはたくさんのファームジョブがありますが、大半の人たちが関わるのは果物や野菜に関する仕事でしょう。

 

しかし今オレが関わっているのは全くの別。

 

今関わっている仕事はナースリーと呼ばれる仕事で、その内容とは木の手入れ。

この会社はアーモンドやプラムなど、数種類の植物の木を売る商売をしていて、かなり有名な会社らしく、オーストラリア全土に彼らの商品を供給するだけでなく、日本を含める海外の会社とも取引しています。

何万本ものナミガードと呼ばれる苗木を植え、その苗木がある程度の大きさまで育ったら、商品となる植物、アーモンドやプラムなどの種をナミガードの幹にナイフで切れ込みを入れて植え付ける。

植え付けられテープで固定された種は2週間すると幹に定着し、その後テープと種より上の部分のナミガードの幹とを切り落とす。

その後、種はナミガードの残りの幹の部分から養分を吸収して成長し、最終的にはその幹もアーモンドやプラムの木の一部となって成長。

成長した木は商品として売られるという流れ。

 

ワーカー達はナミガードと、商品となる植物の木の両方の手入れをします。

主な仕事はトリミングと言われる仕事で、種を植え付ける時に邪魔な枝葉を切り落とす作業。

仕事は基本的にコントラクトで、1本のナミガードを処理するごとに金がもらえる寸法。

ナミガードの成長状態にもよってレートが変動するんですが、簡単な仕事だと1本9セント。

邪魔な葉を取り除く仕事(オレはクリーニングと呼んでいる)はすごく簡単なので1本2セント。

 

 

ドルじゃないです。

セント。

英語で言うと cent.

 

はっ??ってなるよね。

でも仕組みを聞けば納得。

 

畑にはたくさんの列があって、その列(英語だとロウと呼んでる。Rowって辞書で引くと行なんだけど、自然な日本語だと列なはず)には約1000~1500本の木が植えられている。

1本の木を処理するのに数秒~10秒程度。

ワーカーは次々とその木を処理し続け、数セントというチリを積み続ける。

トリミングのレートが9セントの場合、1列に約1000本の木があるので、1列を処理すると約90ドル。2列で180ドル。

[highlight]早い人は1日で2~3列処理します。1日で約270ドル![/highlight]

 

2セントの仕事は仕事自体はものすごく簡単なんだけど、前屈をするような状態のまま仕事をするので腰への負担がすごい。

レートも2セントと低いのでみんな嫌いな仕事です。

マジでしんどいんだこれが。

 

約3週間ほど前は15セントというハイレートのトリミングでさらに列が長いんだけど比較的簡単だったので、1列終わらせるだけで約225ドル。

その頃は1日1列終わらせていたので、かなりいい金だった。。。

早い人は1日2列近く終わらせるので、[highlight]1日400ドル以上稼いでることになる。[/highlight]すげえ・・・

 

今は同じトリミングだけどあまり稼げず、でもずっとしんどい仕事をしているので辞める人が続出。

それでも速い人はやはり速くて、1日1~1.5列近く終わらせるので、1日150ドル近く稼いでいます。

オレはそこまで早くないので1日100ドル程度。全然稼げません。

 

仕事の種類によっては時給で働くこともあって、時給は約21ドル。

そこまで早く作業をこなせない人にとっては時給のほうが稼げることがよくあります。

その代わり少しでも手を休めたりまじめに働いていないとすぐに厳しい注意が。

 

次のセメスターが2月終わりから始まるので、それまではおそらくこの仕事に関わり続けると思います。

腰への負担がものすごく大きく、かつこの時期炎天下の中働くのは体への負担がホントに大きいんだけど・・・他にもっといい仕事が見つからない限りは収入を切らすわけにはいかないんだよな(´・ω・`)

あまり聞き慣れないこのナースリーという仕事、細かい作業が得意な人、ちゃっちゃと仕事ができる人、かなり稼げます。オススメ!

この記事が気に入ったらシェア!
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Tumblr0Pin on Pinterest0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。