夜になると掃除したくなるやん?アレと似た感じでブログ更新してみた。

どうもです。

 

スーパー久しぶりですギリギリです。

 

ホントすいません更新してなくて。

時間なくて。

ネタってそんなぽんぽん思いつかないし、書くのも遅いから時間かかるのよ(´・ω・`)

 

 

いや今も、というか今のほうがもっと時間ないんだけど、

そういう時に限って何か余計なことしたくなることってない?

何ていうか、気が散っちゃってるっていうか。

 

何かしなきゃいけないんだけど、眠くて集中できないーあーでもー・・・あ、そうだ!みたいな感じでどうでもいいこと思いついてそっちを始めちゃうみたいな。

 

ないって?

 

 

オレにはあるんです。

 

That’s happening right now!

 

 

でも今日はホントに書きなぐりな現状報告だけ。

 

ということで、いってみよう現状報告!

 

Agile Software Development

Agileという手法を使ってソフトウェアを開発する授業。

事実上終わり。グループワークだったので、誰がどれだけがんばったかというアンケート的な書類を提出して終わり。

ものの10分もありゃ終わる。

Online Information services

オンラインメディアに関する授業?一回も授業出たことないからわからん(笑)

HTMLの作成と3つのビデオ制作がやることで、HTML作成は90%ほど終了。

早ければ明日にも不明点がわかるので、それを持って残作業を実施、完了へ。

最後提出前にもっかい最終確認するけどね。

ビデオ制作は今日から本格的に始めたばかり。

はっきり言ってどうでもいい何も学ぶことがない授業なので、適当に終わらせて一番問題のProjectに力を入れたいなって思ってる(笑)

3つのビデオ制作は未経験者には厳しい。

書いた内容を読んで録音し、それを映像と一緒に合わせてビデオにするという、今までに一度足りとも経験したことのない作業なので、作業時間の見積もりがまったくできないのが恐ろしい。

ひとまず1つ、今週末で作ってみてどのくらい時間がかかるかを見て、残り2つをどの程度の質に仕上げるか決める予定。

 

 

Project 1

プロジェクトっていう、実践形式(仕事に似た感じの内容)の作業。

 

こいつが実は一番厄介なことになっている。

 

作業内容は簡単なWebアプリ開発だったのにもかかわらず、序盤+中盤のサボりがきいたせいかスケジュールがめっちゃ遅れて、そのせいでプレゼンテーションと最終レポートの準備が滞りまくり。

何とかプレゼン資料を作ったけど、水曜にプレゼンの練習をして多数の指摘。

修正しないとなんだけど、わからないことがけっこうあって先に進めないという状況・・・

 

かつ最終レポートはほぼ手付かずの状態。

これが一番のストレス。

 

 

ちなみにこのレポートは採点の60%の比率を占めるから、こいつでコケるとかなりまずい状況になるんだけど・・・コケる可能性が高い(笑)

何でかって、それはプロジェクトのスーパーバイザーが、I’m a nasty marker! って言ってるから。

つまり、採点めっちゃ厳しいよってこと。

自分の教え子でも一切容赦しないみたい。

 

ライティング苦手だからなー

英語もできないし、そもそも書くこと自体が苦手だからなー

少しくらい手加減してくれよーお前の欲しいもんつくってやってんだろー

 

 

この授業他の授業の倍の単位がもらえるんだけど、良い評価もらえないだろうからGPAダダ下がりだよこれじゃ。

 

まあしかしやれるだけやるしかない。

 

ちなみに、オレのプロジェクトはシステム開発なのに、

実際作ったシステムは評価対象になってません。

システム開発のプロジェクトなら、プログラムの出来や実施した作業内容とか、スケジュールの進捗状況とかを見て評価するのが本来あるべき姿なはず。

・・・なんでWebアプリの開発がメインのプロジェクトなのに、レポートだけで評価下すんだろうなこの授業。

スケジュール立てさせて提出までさせて、しかも実際のプロダクトまで作ってんだからそれを一番重要な評価対象にすべきだろ!!

 

という文句はこのプロジェクトが終わってからでないと言えないみたい(笑)

受けた授業に関するFeedbackくださいというメールが学校からきてるから、そこで言おう。

ぜひとも来年はこの間違った評価基準を変えてほしい。

 

 

 

しまった、予想以上に時間つかっちまった。

もう2時過ぎてる寝ないと・・・

 

 

ということで今日はこの辺で。

次はいつかわからないけど、Twitterはちょこちょこ更新してるから、そっちを追いかけるともっと状況がわかると思います。

 

では!

この記事が気に入ったらシェア!
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Tumblr0Pin on Pinterest0

2件のコメント


  1. 初めまして。私、EF Education Firstの鈴木と申します。いつも楽しくブログを拝読しております。

    貴ブログにおかれましては、IELTSの勉強法をはじめ、海外生活について広く記載されており、日本国内で英語学習に取り組まれる方・これから留学を検討される方にとって、非常に有意義な情報源であるとお見受けしております。

    突然ですが、貴ブログにて、弊社ウェブサイトへのリンク掲載をご検討頂くことは可能でしょうか。弊社EF Education Firstでは、1965年の創立以来、世界40ヶ国以上の国・地域にて語学学校を運営しております。有意義な情報配信をされているサイトにリンク頂くことで、今後サイトを訪れる方の参考になればと思っています。

    もしご掲載可能でしたら、記載のメールアドレス宛にご返信頂けますでしょうか。謝礼として、アマゾンギフトカードをお送りさせて頂きたく思います。

    お忙しい中恐縮ですが、ご検討の程、どうぞよろしくお願いいたします。

    EF Education First
    鈴木

    返信
  2. ギリギリ

    鈴木さま
    すみません間違って返信用メールアドレスを削除してしまいました。
    再度メールアドレスをご連絡いただければ返信させていただきます。
    コメントに残すか(承認制ですので私がコメントを承認するまでは公開されません)、問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。