チャイルドケア、IT、エンジニア・・・WAへの移住が難しくなったのは本当か

どうもです。

 

ギリギリです。

 

 

リリースが近いので最近また忙しい&ストレスちょっと溜まってます。

 

ストレス溜まると食っちゃうんやよなー

 

 

 

さて、今日はオーストラリアにある州の1つ、Western Australia(以降WA)州について。

 

WAは他の州と同じく海外留学生や移民の受け入れをしています。

 

が、オーストラリア人を優先に考えろという世間の声に押されルールが変わり、移住に関するハードルが上がりました。

 

今日は、具体的にどのようにハードルが上がったのかを、ルールの変更点を取り上げながら見ていきたいと思います。

 

 

 

Western Australiaとは

WAはPerthを首都とする州。

 

地図で見るとかなりでかいWA。

オーストラリアの国土全体の約33%を占めるそうな。

 

 

一方で、面積の割に人口はたったの約256万人(2016年時点)。

 

 

鉱山業が盛んで、The Super Pit Mineという鉱山では約850,000オンスの金を採掘するそうです。

https://www.forteachersforstudents.com.au/site/themed-curriculum/western-australia/facts/#attractions

 

850,000オンス=24097.0947キロ

 

年間24トンの金・・・

金って採掘するのがもっと難しいと思っとったけど、意外と採れるもんなんやな。

 

 

 

現在のWAはMark McGowanという人が州のトップで政治を動かしています。

 

この人がWAのトップに就いたのが2017年後半。その後すぐに、WAの移住に関するルールの大幅な改正がなされました。

 

その変更は、オーストラリアへ移住しようとする人だけでなく、WAにも大きな打撃を与えています。

 

 

 

ルール改正とその影響

まずはこの記事を読んでください。

https://www.watoday.com.au/politics/western-australia/overseas-students-skipping-wa-a-lost-opportunity-costing-us-millions-20180817-p4zy6r.html

 

この記事は、他のすべての州では増えている海外留学生の数が、WAでは急激に減っており、そのせいで何億ドルもの収入を失っていると伝えています。

 

多くの海外留学生が東海岸への移動、または留学を選んでおり、彼らがWAからいなくなることで、彼らの家族が旅行に来なくなったため旅行者数も減り、仕事や雇用にも影響がでているとのこと。

 

ページの中にあるグラフを見ると、WAの海外留学者数が3000人近く減ってるのがわかります。

 

 

なぜこんなに急激に海外留学生が減っているのか。

 

それは、移住に関するルール改正がなされ、そのせいでWAに移住することが難しくなったからです。

 

ルール改正に関する文章として、以下があります。

“Two weeks after coming to government, the first decisions of the McGowan government were to remove Perth from the regional sponsored migration scheme, thereby removing the incentive for students to study here, and to reduce the number of jobs on the state’s skills list from 178 to 18,”

 

要約すると、McGowan政府は

  1. パースをRegional sponsored migration scheme(RSMS)から除外
  2. Skills occupationリスト(職業リスト)に載る職業を、178から18へ減らす

という変更を実施。

 

 

この変更が、移住しようとする人に一体どう影響を与えたのか。

 

 

 

1. パースのRSMSからの除外

パースのRSMSからの除外がもたらす影響は重大でした。

 

それは、この除外によりパースで仕事についている人がRSMSビザ(187ビザ)をとれなくなったというもの。

 

RSMSビザとは企業のスポンサーを必要とする永住ビザの1つで、政府が定めた地方に分類される地域で特定の職業についている人がとれるビザ。

https://www.homeaffairs.gov.au/trav/visa-1/187-

 

RSMSビザは、チャイルドケアで永住ビザを目指す人達にとって特に人気のビザで、ルール変更前はパースのような比較的大きい町でも取れるとあって、多くの人が狙っていました。

 

ルール変更前までは、東海岸でチャイルドケアに関する学位(Certificateレベル)をとり、その後仕事を求めパースに移動、仕事を見つけ、その企業にスポンサーになってもらい、RSMSビザを申請、取得する方法が流行っていました。

 

この方法だと、Certificateレベルの学校は、大学と比べて圧倒的に学費が安いので、高額な学費を払わずに永住ビザが手に入れることができます。

 

どこから噂が広まったのか、この方法がチャイルドケアでRSMSビザを目指す人たちの間でやたらと広まっていたんですが・・・

 

今回の変更でその方法が通用しなくなった。

 

この変更はチャイルドケアだけでなくすべての職業に影響を与えるので、チャイルドケア以外の職業で永住ビザを狙っていた人たちも、移住への道のりを大幅に変更せざるを得なくなったはずです。

 

 

ちなみに、現在のところこのページに記載されるWAの地域でRSMSが受け入れられているようです。

https://migration.wa.gov.au/services/regional-sponsored-migration-scheme

 

 

 

 

2. 職業リストの大幅変更

2つ目の変更点は、職業リストの大幅な変更。

 

職業リストに関する記事はこちら。

以前とは違う?オーストラリアの職業リストとは

 

今回の変更で、以前は178もあった職業がたったの18にまで減っています。

 

190ビザに関して言えば、たったの10しか有効な職業がない。

489ビザという、地方のみで生活&就労できるビザですら18しか有効な職業がない。

(489ビザは後に永住権につなげることができるビザです。https://www.homeaffairs.gov.au/trav/visa-1/489-

 

 

職業リストに現在載っている職業は、その大半が医療系。

https://migration.wa.gov.au/services/skilled-migration-western-australia/occupations-in-demand

 

スキルビザを狙う人たちの間で人気の職業である会計士やそれに似た職業、またはIT全般は一切なし。

 

これらの職業に限らず、この職業リストにない職業でWAの190ビザを狙っている人達は、のきなみ影響を受けたはずです。

 

 

自分に適格な職業がリストにないということは、WAで移住のチャンスが減る。つまり移住が難しくなるということ。

 

すでにWAにいる海外留学生または卒業生で影響を受けた人たちは、今頃東海岸に移動しているか、それを考えていることでしょう。

 

 

またWAに留学、その後移住を考えている人は方向転換を余儀なくされていることと思います。

 

実際それが数字になって、例の記事のグラフに現れていますね。

 

 

 

 

まとめ

パースのRSMSからの除外と、190ビザに有効な職業の激減は、WAで移住を目指す人に大きな影響を与えました。

 

チャイルドケアを始めとする、すべての職業でパース内でのRSMSビザ取得の道が閉ざされたこと、わずか10と18の職業がそれぞれ190ビザと489ビザで有効なため、それ以外の職業で移住を目指す人達がWAの190、489ビザを取得できなくなったこと。

 

この2点により、他の州に比べWAで永住ビザを狙うことがかなり難しくなったのは間違いありません。

 

 

 

WA内では現在、このルールを緩和するような動きもあるようですが、あまり期待できないでしょう。

この変更は世論の「Australia First」の声に答えるべく掲げられた、新政権の公約だったので、現在の政権を守るために簡単にもとに戻したりはしないはずです。

 

 

 

職業リストに載っている職業に就いていたり、WAがRSMSを受け入れている地域で働いているなら別ですが、そうでないならWAでの移住は難しいでしょう。

 

 

移住は計画的に。

 

 

では!

 

 

この記事が気に入ったらシェア!
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Share on Tumblr
Tumblr
0Pin on Pinterest
Pinterest
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。