1日にキャベツを2トン切る仕事で稼いでいます。

どうもです。ギリギリです。

 

久しぶりの更新になりました。

 

 

 

今日は近況報告のみ。

 

 

前回の投稿「新しい仕事が決まりました。」で報告した通り、新たな仕事を始めました。

 

 

サラダを作る工場で働いています。

 

オレの働く場所は野菜を切ったり洗ったりするエリアで、要は下準備をする工程。

 

 

ただ、家庭でサラダを作る工程とは全く違っていて、機械を使って処理します。

 

 

 

 

 

トランスライサーと呼ばれる機械を使う場所が主戦場。

 

そこはキャベツ、赤キャベツ、2種類のレタス、白菜を、千切りまたはスクウェアカットと言われる四角く切って箱にドサドサ入れていく作業が延々と続く場所。

 

各種野菜を小さい青竜刀みたいなので切って芯を取り除いて、ベルトコンベヤに乗せると、

高速回転するブレードまで野菜が運ばれていって、0.1~0.2秒で野菜の千切りができます。

 

 

 

コンピュータに表示されたその日のオーダーに従って野菜を切るんだけど、まあこの量がすごい。

 

1日に赤キャベツを300~1,000kg、レタスを600~800kg, 白菜を300~500kgくらい切ります。

 

そして普通のキャベツが1.5~2トン。

 

一番多かった日は1日3トンちょい。

 

 

 

ものすごい量の野菜を毎日切ってます。

 

 

 

働き始めたばっかのころは別の人が切って、オレが切られた野菜を箱に詰め、パレットに乗せていくってパターンが多かったんだけど、今はオレが切って新人がパレットに乗せるパターンがほとんど。

 

 

 

1箱10~15kgの箱を、1日数百箱持ち上げてはおろし、持ち上げてはおろし・・・

という作業の繰り返し。

 

 

これが結構疲れるんだわ。

 

しかも毎回残業で10~11時間くらい働くから、家につく頃にはもうぐったり。

 

 

 

最近ブログが更新できてなかったのもこのせい。

 

 

 

 

 

 

野菜を切るようになってからは右手首が痛んで、最近はサポーターがないと厳しい状況。

 

それでも仕事はやめられん。

 

 

車の調子が悪いから修理にださないかんし、卒業後のビザとか就活のための資金とかもろもろ、今までよりもずっとずっと金がいるから・・・

 

 

 

 

すぐにでも金が必要だったし、ITジョブゲット用のレジュメができてなかったから、

この夏休みは今の仕事が続けられるまで続けようと思ってます。

でもIT系のレジュメ早いところ仕上げないとな。

 

 

 

時給は21.6ドルとまあまあ。

残業は30ドル以上、2時間以上は38ドル超えるし悪くない。

 

 

 

まあそんな感じでほぼ毎日働いて、毎日疲れてます(笑)

 

英語の勉強がなかなかできないのが厳しい。

でも金はそこそこ稼げてるからよし。

 

 

ライティングスキル、あげないとなー

 

 

ということで、近況報告でした!

 

 

この記事が気に入ったらシェア!
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Tumblr0Pin on Pinterest0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。