カジノで世紀の一戦を見てきました。

どうもです。ギリギリです。

 

最近だいぶ気温が下がってきて、朝夜は外にいる時はパーカーとかがないと寒いです。

やだなー寒いの・・・

 

[hr]

 

待ちに待った一戦!

 

今日(土曜)はボクシング界にとって歴史的な試合が行われました。

 

 

 

フロイドメイウェザーvsマニーパッキャオ戦。

 

 

 

世界中の多くのボクシングファンはずっとこの瞬間を待っていました。

Fight of the century と名付けられたこの一戦、約6年近く経ってようやく実現したんです。

随分前から最強はどちらだ!?と長い間騒がれていたものの、ドーピング検査やお互いのプロモーションに関する事で折り合いがつかず、なかなか試合が決まりませんでした。

 

しかし今年の2月ついにお互いが了承し、試合をすることになったんです。

 

 

この2人はともに超人的な強さで、特にメイウェザーは今まで47戦して、無敗のまま5階級を制覇。

一方のパッキャオも64戦57勝38KOという高いKO率で、6階級制覇、しかもフライ級からスーパーウェルター級(約50kg弱~約66kg)の間での制覇という、常識では考えられないような階級の上げ方での制覇という偉大なファイター。

 

 

メイウェザーは金に汚い事で有名で、マニーメイウェザーなんてアダ名がついているくらい。

態度も悪いから彼を嫌いな人はとても多い(笑)

 

パッキャオはといえば、貧しい農家から6階級制覇にのし上がった人物で、常に礼儀正しい好感の持てるファイター。

今は政治家としての活動もしていて、国に貢献しようと頑張っています。

メイウェザーとはえらい違いだな~

 

 

オレは(人柄はともかく)メイウェザーのファイティングスタイルの方が好きだし、無敗という肩書も好きなのでメイウェザーに勝ってほしいと思っていました。

でも実際にはパッキャオが勝つんじゃないかと予想。

パッキャオの押しの強さにメイウェザーが対応しきれなくなるんじゃないかと思って。

 

 

この試合を見るために、とあるカジノ内にあるビッグスクリーンのある場所へ行ってきました。

それがこちら、Kedron-Wavell Services Club.

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

金のないオレが、入場無料のビッグスクリーンと聞いて黙っていられるわけがない(笑)

友達を途中で拾って車で一路カジノへ。

 

 

 

11時過ぎについた時にはそれほど人が多くなかったこの場所も、二人の試合が始まる1時すぎにはあふれるほどの人が。

 

 

パッキャオの祖国フィリピンから来ている人たちが結構いて、女の人も結構見に来てた。

 

 

試合が始まると、パッキャオが連打を繰り出すたびに女の人の悲鳴が。

ボクシングを何も知らない人たちだから、メイウェザーがすべてガードしていてまったく効いてなくてもお構いなし。

真横にいたフィリピン人の女の人は本気で叫んでてすげえうるさかった・・・

SAMSUNG

パッキャオの入場シーン。椅子の数が足りないので床に座ってテレビに食い入る人たち。後ろにはこの何倍もの数の人が。

 

一緒に見に行った友達と試合前に、KOはない、もし判定までいけばメイウェザーが勝つ(ジャッジが全員アメリカ人で、メイウェザーはアメリカ人)と話していて、結果はまさにその通りに。

 

 

しかし内容が気に入らない。

 

メイウェザーはディフェンスがすごく得意で、パッキャオの攻撃的なスタイルをうまくかわしながら戦うだろうってことはわかってたけど、それにしても手を出さなすぎ。

途中途中でもう少しバチバチやり合う事を期待していただけに、不満が残る試合だった・・・

知ってたんだけどね、メイウェザーはそんなにバチバチ撃ちあうタイプじゃないことは。

 

あとジャッジのスコア!

118-110が一人、116-112が2人。

あの試合内容で8点もメイウェザーが上って、どういう採点基準なんだ?

お互いクリーンヒットはかなり少なかったし、メイウェザーは途中の1~2ラウンドで少し見せ場があった程度。

どちらかと言えばパッキャオのパンチの方がより多く当たってたし、それほどメイウェザーのパンチをもらったてたとも思えない。

 

 

カジノ内はパッキャオ色がかなり強かったせいか、試合がメイウェザーの勝利で終わった瞬間一斉に人が帰り始める・・・

まああの試合内容であのメイウェザーの勝ちなんだから、そりゃ不満だわな。

クリーンヒットが少なすぎたから、消化不良みたいな感覚もあるんだと思う。

 

 

ネット上での反応もカジノのそれと似たような感じで、「メイウェザーは逃げてばかりだった」という印象がとても強いよう。

特に印象に残ったコメントがこれ。

Statistics of the fight: Pacquiao: 240 hits and 30 successful. Mayweather: 256 Hugs and 45 kilometers running.

試合の統計:パッキャオ=パンチ数240、ヒット30。メイウェザー=ハグ256回、45キロのランニング。

 

You’re supposed to hug your woman and punch the guy in the ring, not the other way around.

メイウェザーは自分の彼女をハグし、リングにいる男を殴るはずで、(今日の試合のように)その反対じゃないから。

 

これ、フェイスブックにあったコメントだけど、みんないいね!しまくってた(笑)

 

 

これでメイウェザーはスーパーウェルター級3団体の王者、パッキャオはタイトルを失い無冠に。

メイウェザーはさらに無敗記録を48に。

 

でも、試合には勝ったけど勝負に負けたと思うよ、メイウェザー。

 

しかし、それでもメイウェザーにこれからも勝ち続けてほしいと思うのは、オレの強さへの強いあこがれがあるからだろうか。

 

 

ま、何はともあれこの世紀の一戦をタダで見れたのはとても良かった!(この一戦のPPVは60ドルもする!)

 

次ここに来る時は普通に遊びにこれたらいいな(笑)

 

[hr]

 

明日から毎日しっかり勉強してかないとまずい予感。

がんばろーっと。

この記事が気に入ったらシェア!
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Tumblr0Pin on Pinterest0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。